更年期からの体の変化|現代に多い生活習慣病を予防|脂肪肝を減らして健康になる

現代に多い生活習慣病を予防|脂肪肝を減らして健康になる

更年期からの体の変化

女性

更年期になると「気持ちが沈む」「やる気が起きない」「汗が大量に出る」「動悸やめまいがする」などの症状が起こることがあります。症状がひどい方になると生活に影響が出る方もいます。最初は、更年期障害と気付かず内科、耳鼻科、脳外科などを受診する方が多いです。多数の医療機関で受診するが異常がない場合には更年期障害かもしれません。女性ホルモンのバランスが乱れ起こる症状ですが、最近では若い方や男性にも更年期障害の症状が出ることもあります。検査は、婦人科で女性ホルモンの数値を調べてもらうと判断することができます。治療方法は、薬物治療になります。処方された薬の服用で症状は落ち着いてきます。副作用がありますので医師と相談しながら治療することが良いでしょう。

薬で治療するとすぐに体は楽になりますが、副作用や体に合わない時には医師と相談して中止することもできます。更年期障害の対策方法は薬以外にも多数あります。例えば、気分を変えるために趣味を作る、旅行などいつもと違う場所でリフレッシュする、癒し系の音楽を聴く、アロマなどの香りで癒されるなども効果があります。また、周囲の方に更年期障害の症状があることを告げておくと理解されて心が楽になります。サプリメントや大豆製品などの使用も女性ホルモンの働きに似ているので効果があります。家族や周囲の方の協力を得ることも重要です。少しずつ症状は緩和してくるので落ち着いてゆっくり治療をしましょう。また、時期が来ると症状はなくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加